中古車買取ガイドトップ > 愛車を買い取ってもらうために必要なもの

愛車を買い取ってもらうために必要なもの

中古車として査定見積をもらう際に必要な書類は、車検証と自賠責保険証書になります。

これら二つの書類は車を運転する際には必携なので、これらがない場合は買取を行うことができません。また、買取の契約をする場合には、この二つの書類のほかに、自動車税の納税証明書・実印(銀行印など浸透印ではないもの)・印鑑証明書・譲渡証明書・委任状が必要になります。印鑑証明書は、住民登録がある自治体で手続きをとることができます。浸透印以外の印鑑を持って登録手続きをとりましょう。

中には、あなたの住民票などを必要とする場合があります。引っ越しなどで生じることが多いのですが、現在お住まいの住所と自動車の車検証に記載されている住所等に相違がある場合は、住民登録の除籍証明書なども必要になる場合もありますので、中古車買取専門店の指示を仰ぐようにしましょう。

名義変更等の手続きなどに関しては、あなたの代わりに中古車買取専門店が行います。そのための委任状を作成することも必要になります。委任状に関しては、中古車買取専門店にひな型があることがほとんどですので、あなたは日付記載と署名捺印をすることで委任状を作成することが終了します。

また、あなたの愛車の所有名義があなた以外の名前になっている場合、所有者を証明する書類なども必要になります。このような場合は、中古車買取専門店側で詳しく教えてくれますので、指示に従うようにしましょう。また自動車税の納税証明書を紛失した場合は、県税事務所で手続きを行うと証明書を発行してもらえますので、取り寄せておくとスムーズです。