中古車買取ガイドトップ > ディーラーで下取りを依頼する

ディーラーで下取りを依頼する

新車を購入する際、今まで運転していた愛車を手放して乗り換えという形をとる方がほとんどでしょう。

また、これまでの車をディーラーへ下取りに出して下取りの代金を新車の購入代金へ充当するという方法をとる方も多いことでしょう。

自動車ディーラーへの下取りは、一律料金であることがほとんどで、ディーラーとの付き合いの長さや深さなどで、下取り料金も変動することがあります。下取り料金に納得がいかない場合は、中古車買取専門店で見積もり査定を受けられるとよいでしょう。下取り額以上の見積額を提示されてびっくりしてしまうこともあります。

各自動車ディーラーごと中古車市場を設けているところが多く、下取り車も整備点検を行い、カーディーラーが運営する中古車センターなどで販売することがほとんどです。このような流通ルートがない場合は、廃車手続きを行う場合もあるほどです。自動車の状態によっては、安直に廃車手続きを行うよりも中古車として買い取ってもらい、新しいユーザーに再び運転してもらったほうが良い場合もあります。

車検が半年以上残っているのであれば、ディーラーの下取りよりも中古車買取専門店へ見積もりを依頼することで値段がつくこともあります。

各自動車ディーラーに中古車販売部門がある場合、中古車査定士がくまなくあなたの愛車を調べ、適正な価格で買取を行います。また整備などは各自動車会社の純正パーツを使用しますので、中古車として購入したのちも安心して運転することができるでしょう。