中古車買取ガイドトップ > カスタマイズ仕様の中古車は嫌われる?

カスタマイズ仕様の中古車は嫌われる?

ローダウン仕様やルーフスポイラーを装着した車をよく見かけます。

自動車メーカーが販売している純正パーツをオプションとして取り付けていたり、あらかじめエアロパーツ仕様車という触れ込みで販売されているものであれば、高価で買取されることもあります。

ですが、カーレースへ参加するために、純正品以外のパーツを取り付けていたり、明らかに車検非対応のパーツを取り付けているなどの場合は買取はできない場合もあります。車検を通すことができないカスタマイズ車は、公道を走ることもできませんので、当然買取は不可となります。このようにカスタマイズ車でも嫌われるものと、そうではないものに二分されますので気をつけましょう。

カスタマイズ車として値段がつかない中古車では、カスタムパーツを取り外せるのであれば、取り外して査定を受けられたほうが賢明です。取り外したカスタムパーツはオークションなどで販売して、二重の利益を持ったほうがお得です。

車検に通る範囲でのドレスアップやカスタマイズをしている車もあります。中には、ドレスアップ仕様車やカスタマイズを施した車を専門に扱う中古車販売会社もありますので、査定だけでもしてもらうとよいでしょう。

このほかにも、趣味が合う人へ向けてヤフーオークションなどを通じて販売するという手段もあります。こちらの場合は所有権の名義変更などはすべて個人間で行うこととなります。大きなトラブルに生じてしまうことも考えられますので、注意が必要です。