中古車買取ガイドトップ > ローン途中でも中古車買い取りしてもらえますか?

ローン途中でも中古車買い取りしてもらえますか?

自動車会社が提供するクレジットの残債がある場合、車の買取は通常引き受けてもらえません。

というのも、クレジットの場合は債務がある限り自動車の所有権はクレジット会社もしくはリース会社の名義になっているからです。これは所有権留保と呼ばれています。

残債をすべて完済したのちに所有者をあなた本人に名義変更を行い、買取を行うことになります。ですが、最近では買取金額とローンの残債を相殺して、残金を支払うといったようなローンの残債の支払いを肩代わりしてくれる中古車買取業者や、査定額よりローンの残債が上回ってしまう時に、ローンの残債から査定額を引いた金額を新たにクレジット会社から借り入れを起こし、現クレジット会社への残債をゼロにしてしまうというような、組み換えローンを取り扱っている中古車買取業者もあります。

このようなローンの組み換えなどは便利なのですが、のちに新たな借り入れを行う際にネックになってしまうことも考えられます。借り入れを行う際には慎重に検討されるようお勧めします。

ただし銀行のマイカーローンやフリーローンで借り入れたものは、この限りではありませんので、中古車として愛車を手放した後も、銀行のローン返済だけは残る形になります。車を手放したい場合に、手元に現金が残らず代わりにローンの残債と新たな借り入れ金利だけが残ってしまうリスクが生じる場合もありますが、のちに生じてくる自動車税などの支払いを考えると、ある意味お得なのかもしれません。