中古車買取ガイドトップ > 事故車でも買取は可能ですか?

事故車でも買取は可能ですか?

接触事故を起こしたなどという程度であれば、買取は可能です。

また、水没車や故障車などの動かすことができなくなった車でもぜひ一度買取のための見積もりを依頼されてはいかがでしょうか?

ゆがんだバンパーを新品に交換している、シャーシの補修をきちんと行っているなど事故後の修理がきちんとなされているのであれば、特段事故車としての評価が下がるということがないでしょう。ただ、事故後の修理がされていない車、係争中の当該車などに関しては買取を断られることがあります。無用なトラブルを避けるために、警察や保険会社、相手側とのやり取りがすべて終了した後で売却されることをお勧めします。

事故車で走行不能の自動車でも買取をしてくれる業者もあるので、あたってみることをお勧めします。事故車として処理された車は、リサイクルが義務付けられていますのでパーツどりやスクラップ等で使用することも考えられますが、整備後輸出自動車として海外へ出荷されることもあるようです。輸出自動車として海外へ販売する際には、諸外国の事情や日本の通関などの兼ね合いもあって非常に難しい状態にあるようです。そのために、不審な買取業者への売却は避けるようにしたいものです。

廃車手続きをいったん取ってしまった自動車に関しては、輸出をすることができませんのでご注意ください。廃棄物処理の都合上、永久登録抹消(廃車)の手続きを行った自動車は、廃棄物として処理をしなければいけません。自動車が不法に海外へ輸出されないためにも、あなた自身の知識や買取業者の取捨選択も必要になります。